TOK2.com /// 500 Internal Server Error

「」「」「」 500 Internal Server Error 「」「」「」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、マイソ、鬢ォ、ホ・ィ・鬘シ、ホ、ソ、眸ーコ、キ、゙、サ、。」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、ホ・ケ・ッ・・ラ・ネ、ーハイシ、ホテーユナタ、ヒア隍テ、ニ・チ・ァ・テ・ッ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」


チエネフ
」ア。・・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
TOK2.com、ヌ、マウニ・譯シ・カ。シ、ホク「クツ、ヌ」テ」ヌ」ノ、ャニーコ、キ、゙、ケ。」
CGI、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ700、ヌ、ケ。」
CGI、タ゚テヨ、ケ、・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ701、ヌニーコ、キ、゙、ケ。」
・ム。シ・゚・テ・キ・逾、ヒ、ト、、、ニ、ホセワ、キ、、タ篶タ、、ェニノ、゚、ッ、タ、オ、、。」
、ス、ーハウー、ホセケ遉マFTP・ス・ユ・ネ、ハ、ノ、ヌCGI・ユ・。・、・、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、タオ、キ、ッタ゚ト熙キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」

」イ。・CGI、ヌサネヘム、オ、、・ユ・。・、・、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
、「、ハ、ソ、ホ・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ。ハ・ユ・ゥ・・タ。ヒ、ホ・ユ・・ム・ケ、マ
/home/member/、「、ハ、ソ、ホ・「・ォ・ヲ・・ネ/、ヌ、ケ。」

」ウ。・sendmail、サネヘム、キ、隍ヲ、ネ、キ、ニ、、、゙、サ、、ォ。ゥ
sendmail、マサネヘム、ヌ、ュ、゙、サ、。」

」エ。・ヌロノロ、オ、、ニ、、、CGI、タ゚テヨ、ケ、セケ
ヌロノロ、オ、、ニ、、、、゙、゙、ホセツヨ。ハイツ、、、キ、ハ、、。ヒ、ヌタ゚テヨ、キ、ニ、゚、ニ、ッ、タ、オ、、。」

Perl、ヌコタョ、オ、、ニ、、、セケ
」ア。・Perl、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
#!/usr/bin/perl

」イ。・ハクヒ。、ホエヨー网、、マ、「、熙゙、サ、、ォ。ゥ
、筅ヲーナル・ス。シ・ケ、・チ・ァ・テ・ッ、キ、゙、キ、遉ヲ。」
コル、ォ、、・゚・ケ、マ、「、熙゙、サ、、ォ。」
ホ网ィ、ミ。「。ヨ;。ラ。ヨ"。ラ 。ヨ'。ラ 、マネエ、ア、ニ、、、゙、サ、、ォ。」

。リTOK2.com。ル http://tok2.com/
文庫本の暑さと活字離れの関係とかさ
 
  2003年10月21日
  〜文庫の厚みに見る活字離れの因果関係〜
最近の文庫本って、厚いよねぇ〜

 そんな感じで、本屋などプラプラしていると思うのは文庫本の厚み。そもそもズボンの後ろポケットに収まって、気軽に街に持ち出していつでも読めるっつーのが、あのサイズの原点だとは思うのだが、最近の文庫本の厚みったら、ちょっと前なら上下巻、もしくは上中下巻にでも分けられそうなほど凶悪な厚みだ。
 阿佐田哲也の麻雀放浪記なら、全4巻が一冊にまとまってしまうほどである。
 まあ、一冊辺りの単価を上げられて出版社は嬉しいんだろうけど、それにしても出版社の思惑だけでアレだけ厚い本が量産されるワケでもなかろうし、作家が是非とも厚い本を作りたいと思っているわけでもなかろう。
 そうすっと、どうゆうことかっつーと、読者が厚い本を求めているワケね。
 出版社及び作家の思惑と、読者の嗜好が文庫本をどんどん厚くさせているっていう、そんな感じなのではないでしょうかね。
 でもさぁ、全ての人が厚い本を歓迎しているのかなーっつーと、そうでもないと思うワケ。
 なんつーか、ファンっつーか、マニアっつーか、特定の本好きにアピールしているだけだと思うのね。
 だってそうでしょ。普段、本なんかぜーんぜん読まない人が、なんだかベストセラーらしいし、ちょっと読んでみようかな?って考えたときに、あの厚みの本はヒクよ。
 結局そうゆう人は、思うに留まって、その厚みに書店の店頭で断念するワケでして、つまりは、読む人と読まない人にハッキリ二分されているのが現状だと思う。
 もうなんつーか、それこそ別文化の断崖のようにベッキリとバッキリとズバッと二極分化されているのね。
 んで、読む人は、より長くそのお話の中に耽溺していたいがために、厚い本厚い本と、その嗜好を極端化させているというコトだわな。
 読まない人には、益々敷居は高くなるわ、読む人大喜びだわ。と。
 物理的な分量の問題とはちと違うケド、これってば、SFというジャンルが衰退していった課程に似ているよね。まあ、SFの場合は、子供だましから高尚なサイエンスフィクションへの課程で、ハードSFへハードSFへとその嗜好を極端化させていった結果、SFなんぞ生き抜き程度の軽い気持ちで呼んでた人たちをどんどん脱落させていったワケだけど。
 それはそれとして、エンターテインメントとしてのSFは、現在ホラーやミステリーに吸収されていって、肩書きとしてのSF作家は、まあもういないのでしょうなぁ。
 SFの話はさておき、現在の本は、もう一冊あたりが長くて、中身はスカスカ。ただただ長い時間を活字を追うことに費やしたいという変態さんの必須アイテムと化しているワケで、変態さんだけ相手にしているんじゃあ、出版不況っつーのも当然といえば当然ですな。
 ブックオフなどの新古書店で、ベストセラーと呼ばれた作品がある棚を御覧なさい。同じ本がズラーっとならんでいるのは不気味だし、それらは押しなべて非常に状態のよい本ばかりだ。
 どうゆうことか?
 一回ぐらいしか読んでないのだ。末永く手元に置いておいて、何度も読み返そうなどという気が起こりようも無い、どうでもいい本なのだ。
 だから簡単に売っ払う。だから状態がとっても綺麗。
 吟味されては書棚に戻される新書店の本よりも状態が良いぐらいだ。
 分厚いから読み返さない。まあそれもあるだろうけど、やっぱり薄味なんだろうなと思う。薄味だから次々と読み繋ぐのだろうなと思う。読み繋ぐためには、安心できる特定の作家に需要が集中するのだろうなと思う。氏の作品が薄味だというワケではないが、宮部みゆきとかね。
 某業界ゴロっぽい人は、キャラクターを立てた漫画のような、いわゆるJ文学が、これからの小説を救うなどと大層なことをおっしゃっているが、どうか。漫画のようにキャラだけでストーリーを引っ張っていくお話は、勢い大河化するでしょう。
 本屋の書棚が、ペリーローダンやグインサーガ並の大長編だらけになってたら(しかも、全巻そろっていることはマレという)うんざりするし、ますます読む人と読み無い人の境界を強固な壁にするのは火を見るよりも明らかでしょう。
 
 まあ、なんつーか。文庫本よ薄くなれ!しかも濃くなれ!
 そう思わずにはいられないワケだ。
 一見、長く読まれる本は、新刊の需要を阻害するように思えるケドねぇ。それはつまり、新古書店に流れないっつーコトでもあるわけで、評価の高い作品は、新刊で買うしかないってのは、出版社にとって、悪いこととは思えないケドなぁ〜。
 それでも、自転車操業的に、厚い本を出しつづけずにはいられないんだろうなぁ〜。
 そして、漫画もまたしかり。と。

<了>

ホームページに戻る
TOK2.com /// 500 Internal Server Error

「」「」「」 500 Internal Server Error 「」「」「」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、マイソ、鬢ォ、ホ・ィ・鬘シ、ホ、ソ、眸ーコ、キ、゙、サ、。」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、ホ・ケ・ッ・・ラ・ネ、ーハイシ、ホテーユナタ、ヒア隍テ、ニ・チ・ァ・テ・ッ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」


チエネフ
」ア。・・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
TOK2.com、ヌ、マウニ・譯シ・カ。シ、ホク「クツ、ヌ」テ」ヌ」ノ、ャニーコ、キ、゙、ケ。」
CGI、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ700、ヌ、ケ。」
CGI、タ゚テヨ、ケ、・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ701、ヌニーコ、キ、゙、ケ。」
・ム。シ・゚・テ・キ・逾、ヒ、ト、、、ニ、ホセワ、キ、、タ篶タ、、ェニノ、゚、ッ、タ、オ、、。」
、ス、ーハウー、ホセケ遉マFTP・ス・ユ・ネ、ハ、ノ、ヌCGI・ユ・。・、・、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、タオ、キ、ッタ゚ト熙キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」

」イ。・CGI、ヌサネヘム、オ、、・ユ・。・、・、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
、「、ハ、ソ、ホ・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ。ハ・ユ・ゥ・・タ。ヒ、ホ・ユ・・ム・ケ、マ
/home/member/、「、ハ、ソ、ホ・「・ォ・ヲ・・ネ/、ヌ、ケ。」

」ウ。・sendmail、サネヘム、キ、隍ヲ、ネ、キ、ニ、、、゙、サ、、ォ。ゥ
sendmail、マサネヘム、ヌ、ュ、゙、サ、。」

」エ。・ヌロノロ、オ、、ニ、、、CGI、タ゚テヨ、ケ、セケ
ヌロノロ、オ、、ニ、、、、゙、゙、ホセツヨ。ハイツ、、、キ、ハ、、。ヒ、ヌタ゚テヨ、キ、ニ、゚、ニ、ッ、タ、オ、、。」

Perl、ヌコタョ、オ、、ニ、、、セケ
」ア。・Perl、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
#!/usr/bin/perl

」イ。・ハクヒ。、ホエヨー网、、マ、「、熙゙、サ、、ォ。ゥ
、筅ヲーナル・ス。シ・ケ、・チ・ァ・テ・ッ、キ、゙、キ、遉ヲ。」
コル、ォ、、・゚・ケ、マ、「、熙゙、サ、、ォ。」
ホ网ィ、ミ。「。ヨ;。ラ。ヨ"。ラ 。ヨ'。ラ 、マネエ、ア、ニ、、、゙、サ、、ォ。」

。リTOK2.com。ル http://tok2.com/