TOK2.com /// 500 Internal Server Error

「」「」「」 500 Internal Server Error 「」「」「」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、マイソ、鬢ォ、ホ・ィ・鬘シ、ホ、ソ、眸ーコ、キ、゙、サ、。」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、ホ・ケ・ッ・・ラ・ネ、ーハイシ、ホテーユナタ、ヒア隍テ、ニ・チ・ァ・テ・ッ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」


チエネフ
」ア。・・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
TOK2.com、ヌ、マウニ・譯シ・カ。シ、ホク「クツ、ヌ」テ」ヌ」ノ、ャニーコ、キ、゙、ケ。」
CGI、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ700、ヌ、ケ。」
CGI、タ゚テヨ、ケ、・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ701、ヌニーコ、キ、゙、ケ。」
・ム。シ・゚・テ・キ・逾、ヒ、ト、、、ニ、ホセワ、キ、、タ篶タ、、ェニノ、゚、ッ、タ、オ、、。」
、ス、ーハウー、ホセケ遉マFTP・ス・ユ・ネ、ハ、ノ、ヌCGI・ユ・。・、・、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、タオ、キ、ッタ゚ト熙キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」

」イ。・CGI、ヌサネヘム、オ、、・ユ・。・、・、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
、「、ハ、ソ、ホ・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ。ハ・ユ・ゥ・・タ。ヒ、ホ・ユ・・ム・ケ、マ
/home/member/、「、ハ、ソ、ホ・「・ォ・ヲ・・ネ/、ヌ、ケ。」

」ウ。・sendmail、サネヘム、キ、隍ヲ、ネ、キ、ニ、、、゙、サ、、ォ。ゥ
sendmail、マサネヘム、ヌ、ュ、゙、サ、。」

」エ。・ヌロノロ、オ、、ニ、、、CGI、タ゚テヨ、ケ、セケ
ヌロノロ、オ、、ニ、、、、゙、゙、ホセツヨ。ハイツ、、、キ、ハ、、。ヒ、ヌタ゚テヨ、キ、ニ、゚、ニ、ッ、タ、オ、、。」

Perl、ヌコタョ、オ、、ニ、、、セケ
」ア。・Perl、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
#!/usr/bin/perl

」イ。・ハクヒ。、ホエヨー网、、マ、「、熙゙、サ、、ォ。ゥ
、筅ヲーナル・ス。シ・ケ、・チ・ァ・テ・ッ、キ、゙、キ、遉ヲ。」
コル、ォ、、・゚・ケ、マ、「、熙゙、サ、、ォ。」
ホ网ィ、ミ。「。ヨ;。ラ。ヨ"。ラ 。ヨ'。ラ 、マネエ、ア、ニ、、、゙、サ、、ォ。」

。リTOK2.com。ル http://tok2.com/
書評(TEXTOYX) - リストラされる『デジタル脳』最後に生き残る『アナログ脳』(児玉光雄)デジタル人間が書くデジタル批判

書評

ノンフィクション>リストラされる『デジタル脳』最後に生き残る『アナログ脳』

著者:児玉光雄   価格:¥1,400円-
発行所:東邦出版
2003年8月発行

リストラされる『デジタル脳』最後に生き残る『アナログ脳』(児玉光雄) - 表紙  まず始めにはっきり言っておきますが、これから書くことは書評ではありません。
 なぜならば、私はこの本を読んでいないばかりか手に取ってもおらず、書店で表紙を見たに過ぎないからです。
 ではなぜ、この本について語ろうとしているのか?読んでもいない本について語ることがあるのか?そんな疑問が出るかと思います。
 もちろん、読んでいない以上、この本の内容について語ることは不可能です。
 ですが、タイトルについてなら、いくらでも語るべきことはあるのです。そして、タイトルについて語ることにより、この本が手にとる必要すらないものであることが分かるはずです。

 正直、この本を書店で見かけたときは衝撃を受けました。数年前にタイムスリップでもしてしまったかのような、そんな衝撃です。
 いまどき『アナログ』『デジタル』の二元論で、人間を語る著述者が存在するという衝撃です。
 てっとり早く、結論じみたことを言ってしまいましょう。

 『アナログ(脳)人間は、自分のことをアナログ(脳)人間などとは言わない』

 どうゆうことか分かりますか?
 では先ず『デジタル人間』なるものを考えてみましょう。一般的に、機械的……ON/OFF……まあ、YES/NOと結論が両極端しか存在せず、中間判断が無い人間をさすものであると思われます。つまり、デジタル処理的であると。

 さて、ではこの著者の言う『デジタル脳』/『アナログ脳』なる両極端な区分けは、デジタル的でしょうか?アナログ的でしょうか?
 そうです、実にデジタル的なのです。
 彼の言うアナログ(脳)人間は、そのような『どっちか二択』といった表現はしませんでしょうし、本当にアナログ(脳)人間であるなら、そもそもそのような発想すら浮かばないことになります。
 つまり、この著者は、前提としてデジタル脳を持つデジタル人間ということになります。

 デジタル人間がデジタルを肯定する著作を発表するならまだ話はわかります。デジタル(脳)人間は両極端なカテゴライズを好みますし、そのような発想で自分のことをデジタル脳(人間)と呼ぶでしょう。
 しかし、この著者は、その著作タイトルからも分かるとおり、デジタルを否定し、アナログであることの優位点を説いています。
 つまり、根本的に破綻しているのです。
 自分をアナログ脳(人間)だと信じてこのようなタイトルの著作を恥ずかしげも無く発表していると思われますが、デジタル脳な彼にとっては、このタイトルで何を語ろうと自己否定であり、説得力の無いものであることは逃れられようも無い事実なのです。

 ある意味デンパな人ともいえますし、見落とされやすいドンデモ本ともいえます。

 この本を読んで「ああ、こうすればアナログ脳になれるのか……」と、納得した時点で、あなたの脳はデジタルです(笑)。
 アナログ脳な人にとって、アナログ脳(人間)という概念は存在しないのですから。

 最後にもう一度言います、
 『アナログ(脳)人間は、自分のことをアナログ(脳)人間などとは言わない』

 さて、あなたはこの本を手にとりますか?

(2003/12/11)

←ホームページに戻る
TOK2.com /// 500 Internal Server Error

「」「」「」 500 Internal Server Error 「」「」「」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、マイソ、鬢ォ、ホ・ィ・鬘シ、ホ、ソ、眸ーコ、キ、゙、サ、。」
、「、ハ、ソ、ホタ゚テヨ、キ、ソCGI、ホ・ケ・ッ・・ラ・ネ、ーハイシ、ホテーユナタ、ヒア隍テ、ニ・チ・ァ・テ・ッ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」


チエネフ
」ア。・・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
TOK2.com、ヌ、マウニ・譯シ・カ。シ、ホク「クツ、ヌ」テ」ヌ」ノ、ャニーコ、キ、゙、ケ。」
CGI、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ700、ヌ、ケ。」
CGI、タ゚テヨ、ケ、・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、マ701、ヌニーコ、キ、゙、ケ。」
・ム。シ・゚・テ・キ・逾、ヒ、ト、、、ニ、ホセワ、キ、、タ篶タ、、ェニノ、゚、ッ、タ、オ、、。」
、ス、ーハウー、ホセケ遉マFTP・ス・ユ・ネ、ハ、ノ、ヌCGI・ユ・。・、・、ホ・ム。シ・゚・テ・キ・逾、タオ、キ、ッタ゚ト熙キ、ニ、ッ、タ、オ、、。」

」イ。・CGI、ヌサネヘム、オ、、・ユ・。・、・、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
、「、ハ、ソ、ホ・ヌ・」・・ッ・ネ・遙シ。ハ・ユ・ゥ・・タ。ヒ、ホ・ユ・・ム・ケ、マ
/home/member/、「、ハ、ソ、ホ・「・ォ・ヲ・・ネ/、ヌ、ケ。」

」ウ。・sendmail、サネヘム、キ、隍ヲ、ネ、キ、ニ、、、゙、サ、、ォ。ゥ
sendmail、マサネヘム、ヌ、ュ、゙、サ、。」

」エ。・ヌロノロ、オ、、ニ、、、CGI、タ゚テヨ、ケ、セケ
ヌロノロ、オ、、ニ、、、、゙、゙、ホセツヨ。ハイツ、、、キ、ハ、、。ヒ、ヌタ゚テヨ、キ、ニ、゚、ニ、ッ、タ、オ、、。」

Perl、ヌコタョ、オ、、ニ、、、セケ
」ア。・Perl、ホ・ム・ケ、マ、「、テ、ニ、、、゙、ケ、ォ。ゥ
#!/usr/bin/perl

」イ。・ハクヒ。、ホエヨー网、、マ、「、熙゙、サ、、ォ。ゥ
、筅ヲーナル・ス。シ・ケ、・チ・ァ・テ・ッ、キ、゙、キ、遉ヲ。」
コル、ォ、、・゚・ケ、マ、「、熙゙、サ、、ォ。」
ホ网ィ、ミ。「。ヨ;。ラ。ヨ"。ラ 。ヨ'。ラ 、マネエ、ア、ニ、、、゙、サ、、ォ。」

。リTOK2.com。ル http://tok2.com/