映画データベース ホーム マザーシップへご案内します
ロード・オブ・ザ・リング

THE FELLOWSHIP OF THE RING
第1部:旅の仲間


2001年アメリカ映画
上映時間:2時間58分
ニューライン・シネマ作品
字幕翻訳:戸田奈津子
原作:指輪物語
配給:日本ヘラルド映画、松竹


 
CONTENTS 

CAST PAGE1 PAGE2 PAGE3 GOODS



THE RING

中つ国の第U紀に、手にした者の命を永らえ、不思な力を与える19の"力の指輪"が作られた。
その内3つはエルフ、7つはドワーフ、9つは人間に・・・
しかし指輪を与えられた人間の王たちは、指輪の力に屈し幽鬼と成り果てた。
冥王サウロンは、その全ての指輪を支配するため
自らの血液と力を金に溶かしみ、一つの指輪を作りあげた。




中つ国の支配を企てる冥府モルドールの王サウロンとの戦い。
エルフと人間が同盟を結び、ゴンドールの王イシルドゥアがサウロンの指を切り落としたことで勝利する。
しかし、その指輪の誘惑に屈したイシルドゥアはその指輪を捨てなかった。
イシルドゥアはその後、あやめ野でオーク族に討たれ、指輪は大河アンドゥインの水底へ・・・。
その指輪を拾ったゴラムは、500年もの間霧ふり山脈の下に潜んで暮らしたために、
容姿が変化し醜い怪物となってしまう。
その後、その指輪を手に入れたのは、
欲のない種族ホビットのビルボだった。


時は中つ国第三紀。
ホビット村は、ビルボ・バギンスの111歳の誕生日を祝うために大騒ぎだった。
そのお祝いのために、ビルボの友人で魔法使いのガンダルフも子供達に人気の花火を持って駆けつける。
しかし、その祝いのスピーチの時、ビルボは不思議な指輪の力を借り姿を消す。
不振に思ったガンダルフは部屋でビルボを待ち構える。
旅に出ると言うビルボに、指輪は置いていくように説得する。
その指輪こそ、冥王サウロンの指輪だった。
サウロンの魂は指輪と共に生き残り、今再び世界を闇の支配下に置くために復活の機会を狙っていた。
そのために、この指輪を探し、その追っ手はフロドの下にも迫っていた。
指輪を破壊する唯一の方法は、滅びの山の火口"滅びの亀裂"に指輪を投げ込む以外にない。
ガンダルフは、その指輪をフロドに託し旅に出るように指示する。
再会を約束したガンダルフは、白の賢者サルマンに助言を求めるために旅立った。




サルマンの助言を求めたガンダルフを待っていたのは、
指輪の誘惑に負けた白の賢者サルマンの裏切りだった。



一方フロドたち4人は「踊る子馬亭」でガンダルフに会うため、
ホビット庄の東の庄境に位置するブリー村にやって来た。

ブリー村にはかつてホビット、ドワーフ、人間が住んでいた。


たどり着いた「踊る子馬亭」
そこでストライダーと呼ばれる人間アラゴルンと出会う。


各写真はクリックで拡大します
次のページ、裂け谷へ続く
COLLECTION

パンフレット チラシ DVD - - - - - - 鑑賞
- - - - - - - - 映画館


Thursday, April 25, 2002