HUDSON HAWK
MOVIE

ハドソン・ホーク
1991年アメリカ映画
上映時間:100分

トライスター映画提供
翻訳:戸田奈津子
シルバー・ピクチャーズ/エースボーン・プロダクション
作品
主演は「アルマゲドン」のブルース・ウィルス
痛快アクション・アドベンチャー


いっぱいのカプチーノを愛する
お洒落で危険な男
奴は、女心まで盗んでしまう

STAFF
CAST
MORE CAST
STORY
PHOTO GALLERY
SCREENPLAY
COLLECTION


STAFF

監督◆ マイケル・レーマン
音楽◆ マイケル・ケイメン

ロバート・クラフト
製作◆ ジョエル・シルバー
脚本◆ スティーブン・E・デスーザ

ダニエル・ウォーターズ
撮影◆ ダンテ・スピノッティA.I.

CAST

ハドソン・ホーク★HUDSON HAWK

ブルース・ウィルス★BRUCE WILLS
トミー★TOMMY FIVE-TONE

ダニー・アイエロ★DANNY AIELLO
アナ★ANNA BARAGLI

アンディ・マクダウェル★ANDIE MACDOWEL
ダーウィン・メイフラワー★DARWIN MAYFLOWER

リチャード・E・グラント★RICHARD E. GRANT
ミネルバ★MINERVA MAYFLOWER

サンドラ・バーンハード★SANDRA BERMHARD
バニー★BUNNY THE DOG

FRANK WELKER
ALFRED★アルフレッド

DONALD BERTON
ジョージ・カプラン★GEROGE KAPLAN

ジェームズ・コバーン★JAMES COBURN
KIT KAT★キット・カット

DAVID CARUSO
SNICKERS★スニーカーズ

DON HARVEY
ALMOND JOY★アーモンド・ジョイ

LORRAINE TOUSSAINT
バーター・フィンガー★BUTTERFINGER
ANDREW BRYNIARSKI
MARIO BROTHERS

FRANK STALLONE
MORE CAST

STORY

ニューヨークの刑務所から10年の刑期を終えた一人の男が出所した。イキな帽子にコートをはおり、全身ブラックでキメたこの男こそ、世紀の大怪盗"ハドソン・ホーク"(ブルース・ウィルス)こと、エディ・ホーキンスだった。待ってましたとばかりに誘いをかける悪党巡査官のゲート(バート・ハリス)だったが、ホークにはもう以前の仕事に戻る意志はなかった。親友のトミー(ダニー・アイエロ)の店でシャバの空気を楽しむホークの前にマフィアのマリオ・ブラザース(フランク・スタローン/カーマイン・ゾゾラ)が現れた。

彼らに脅迫され渋々仕事を引き受けたホークはトミーと共に、オークション会場に侵入し、10年の歳月も関係なく<スフォルツァ>を盗み出すことに成功する。マリオ・ブラザースに届けると、ゲートも待ち構えていた。しかし、ゲートはその場にいたもう一人の人物アルフレッド(ドナルド・バートン)に殺されてしまう。さらに翌日の新聞には"オークション会場に侵入した二人組みの泥棒、失敗に終わる"と報じられていた・・・。

嫌な感じを覚えながらも、ホークはオークション会場へ向かうが、そこには確かに昨日盗んだはずの<スフォルツァ>が出てきた。ウルトラリッチな雰囲気を漂わすダーウィン&ミネルバのメイフラワー夫妻(リチャード・E・グラント/サンドラ・バーンハード)が現れ、100ミリオン$の値を付ける。何かがおかしい!ホークが隣り合った謎の美女アナ・バラグリ(アンディ・マクダウェル)に声をかけた瞬間、巨大な爆発が!間一髪アナの命を救ったが、続いて落ちてきたベガサスの像に激突、失神してしまう。

目の覚めたところは救急車の中。マリオ・ブラザースが乗っていた。必死の思い出逃げ出すが、運の悪いことにCIA捜査官ジョージ・カプラン(ジェームズ・コバーン)と彼の軍団キャンディ・バーとハチ合わせ。一瞬の機転で逃げ出そうとしたが、多勢に無勢、結局捕らえられ、またもや失神してしまう。

次にホークが目覚めたのはなんとローマだった。そこでホークはオークション会場で出会った奇妙な夫婦メイフラワーが世界制覇を企んでいること、そのためにマリオやカプランを使って自分を誘拐しようとしていたことを知る。彼らは"ある物"を集めるために最高の怪盗を必要としていた。彼らはトミーを人質に、協力しなければ彼を殺すとホークに告げる。親友の命と引き換えとあっては、ホークもうなずかざるを得なかった。次の目標は、一世紀もの間バチカン博物館に眠るダ・ビンチ作のスケッチ・ブック<コデックス>だ。

博物館に下見に行ったホークは、そこでオークション会場であった謎の美女、アナと再会する。その夜、ホークは博物館に侵入し、見事<コデックス>を盗み出す。逃亡の途中でホークは、アナと二人きりになるチャンスをつかむが、盗んだ<コデックス>を彼女に発見されてしまう。ホークは好物のカプチーノに睡眠薬を入れられてダウン。その隙にホークを見張っていたキャンディ・バーらは、アナと<コデックス>もろとも連れ去ってしまった。

ホークが盗み出した<スフォルツァ><コデックス>そしてカプランがパリのルーブル博物館から盗み出した<ヘリコプターの模型>、これらに共通するのは、全てダ・ビンチの作品だという事。メイフラワー夫妻の目的は、これらの中に隠されていたクリスタルだった。3つのクリスタルを組み合わせ、それをダ・ビンチの工房に今も残るマシーンにセットすれば、彼らの世界制覇の目的は達成される。

ホークは人質となっていたトミーと共に、メイフラワー夫妻の元から脱出。途中でアナと合流し、一夜の休息を取る。しかし、翌日目を覚ますと、ホークとトミーは縛られ、キャンディ・バーたちに、アナを連れ去られてしまう。実はアナは、世界最高のダ・ビンチ研究家であり、メイフラワー夫妻の野望を打ち砕くべく、捜査をしていたバチカンのシスターだったのだ。

ホークはトミーと共に、アナを助けるべく、メイフラワー夫妻のいるダ・ビンチの工房へと忍び込む。そして・・・・。

当事の解説があったので・・・

今や、ハリウッドで最高の映画スター、ブルース・ウィルス。「ダイ・ハード」シリーズで一躍トップにおどり出た彼だが、この秋にはリュック・ベッソン監督作品「フィフス・エレメント」に主演。

マクレーン刑事から、怪盗ハドソン・ホークへ。正義のヒーローから悪のヒーローへの大胆なイメチェンだ。世界中から興奮を盗む華麗な怪盗。それは女と一杯のカプチーノをこよなく愛する危険な男。シャイだけれど大胆不敵。おしゃれでかっこよくキメているが、ドジなところもある。しかし、引き受けた仕事は、キレる頭をフル回転させて、超一流のプロとして大活躍。それが、「ハドソン・ホーク」だ。

数年前からウィルス自からが練り続けていた企画を実現させたのは、「ダイ・ハード」シリーズでコンビを組んだ制作者ジョエル・シルバー。新鋭マイケル・レーマンを監督に起用し、制作費4000万ドルを投入。ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、ローマ、ブタペストなど全米、ヨーロッパ各国でロケを敢行し、巨大なスケールで描くスーパー・エンタテイメント超大作である。

出演は、ブルース・ウィルスほかバラエティ豊か。ハドソンの相棒トミーには、「ドゥ・ザ・ライト・シング」でオスカーにノミネートされた名優、ダニー・アイエロ、「セックスと嘘とビデオ・テープ」「グリーン・カード」のアンディ・マクダウェルが謎の美女に扮し、好助演。またCIAエージェント役で、あのジェームズ・コバーンが健在ぶりを見せてくれている。

10年間の刑期を終え、出所したばかりのハドソン・ホークに国際的陰謀団のリーダー、メイフラワー夫妻からの予期せぬコンタクトが入った。昔のパートナー、トミーの命と引きかえに、世界的文化遺産を盗めというものだった!旧友の生命とを守るために、やむなく仕事を引き受けるが、その時、この要求の裏に秘められた巨大な罠に、ホークは、まだ気づいていなかった・・・・!ブルース・ウィルスが贈るピカレスク・ロマン超大作「ハドソン・ホーク」


SPACEMANの感想
リチャード・E・グラントはは世界制覇を企む、悪の組織のボス、エキセントリックな悪役ダーウィン・メイフラワーを演じています。登場シーンも多いです。ちょっと変態な写真とかも出てきちゃいます。リチャードの表情や動きの一つ一つから目が離せません。リチャードの演技の素晴らしさで、ダーウィン・メイフラワーはとても魅力的な悪役になったと思います。REGお得意の見せ場もたくさんあって、とっても楽しめました。REGのエキセントリックだけどちょっと間抜けな悪役、かわいいです。最初のリチャードの登場シーンはとっても印象的だけど、あっという間なので、何度も巻き戻して観ちゃいました。悪役だから仕方ないけど・・・それでもリチャードが殺されちゃうのは、涙モノでした。(私だけかもしれないケド)それとメイフラワー夫妻の飼い犬バニーちゃんを「ボール、ボール」で殺しちゃうのも、かなり許せな〜い。ホークにムカつきながら観てしまいました。悪評も多い映画だけど、私は大好きです。テーマもいいし、キャストも最高、メイフラワー夫人役のサンドラ・バーンハードも好きでした。スタイルいいし、可愛いですよね。それにジェームス・コバーンが現役で頑張っちゃってるのも嬉しい。電撃フリントのコバーンが特に好きなんですが・・・。

collection
DVD VIDEO パンフ チラシ           鑑賞
          VIDEO