Bride of Chucky - STORY
チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁 (1998)
STORY

 1998年、湖畔の絞殺魔チャールズ・リー・レイ(ブラッド・ドゥーリフ)が銃弾に倒れて10年。

 ロックポート警察の証拠品保管所には、オカルトな証拠品に並んでバラバラになった殺人人形チャッキーの破片がロッカーに保管されています。

 報酬目当てでロッカーから黒いビニール袋に入ったチャッキーを持ち出した警官ベイリーは、好奇心からビニール袋を覗き込んだところを、ティファニー(ジェニファー・ティリー)に喉をかき切られて殺されてしまいます。

 涼しい顔でチャッキーの入った袋をつかみキャンピングハウスに戻ったティファニー。彼女はチャールズ・リー・レイの恋人で、彼が殺されて10年になる今でも、チャールズとの結婚を夢見ていました。人形のパーツを縫い合わせ、人形用ブードゥーを唱えるティファニー。いくら「wake!」と唱えても、起き上がらないチャッキーに、本を投げ出します。そこへティファニーに夢中のパンク男ダミアンが現れます。人も殺せないような男に興味がないティファニーのために、苦心の特殊メイクの写真を見せて騙そうとしますが、マニキュアですぐにバレバレです。呆れて愛想を尽かすティファニーでしたが、そこにあるはずのチャッキーが見当たらない事に気づき、チャールズの復活を確信。ダミアンをお色気で騙し、ベットに縛ります。

 蘇ったチャッキーは、絶好調でダミアンを殺害。特別の夜にしたかったというティフにも最初は優しい言葉をかけますが、結婚の話に笑い転げるチャッキーに、「変わるはずがない」と怒ったティファニーはチャッキーを幼児用の囲いに閉じ込めます。閉じ込められてキレたチャッキー君のお絵かき姿がかわいいです。

 ダイヤの指輪で囲いを切断したチャッキーは、花嫁人形を引きずり、ティフを殺害。ティファニーの魂の宿った花嫁人形と、チャールズ・リー・レイの魂を持つチャッキーは、生身の体に魂を移すため、レイのお墓に遺体と共に埋められているタンバラの心臓を求めて、ニュージャージー州ハッケンサックへ向かいます。最強カップルの殺人ハネムーンの始まりです。





SPACEMAN'S MOVIE and TV PAGE