Bride of Chucky - MEMO
チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁 (1998)
Chucky !!
   チャッキー君、生身の体以来恋人のティファニーとは会ってないはずなので、10年ぶりの再会です。ティファニーのことは「ティフ」と呼んでますが、喧嘩をしながらも結構仲睦まじいところが、カワイイ。容赦なく殺し合うところは普通じゃないんですけど、そこにも愛情を感じちゃうんで、チャッキーってほんとに不思議な魅力を持ったキャラクターです。

   ティファニーは付き合ってる頃からずっとチャールズのカリスマ性に魅せられてて、もうぞっこんですね。元のチャールズの姿を考えると当然!って思っちゃいますが、今回はシリーズ中最もコミカルな面が強くて、チャッキー君も絶好調でますますパワーアップです。子供まで作っちゃうしね(笑)。女性にクールなのもカッコイイ。ティファニーが婚約指輪だと信じてたのも、生前に殺した女の指から盗ったもので、チャッキーには全くその気なしだったものだから、ティフを怒らせて幼児用の囲いに閉じ込められちゃいますけどね。そのままでは済ませないのがまたチャッキー君です(惚)。

   チャッキー君がティフに惚れ直すのはやっぱり殺人テクニックに魅せられてからですね。実際あのモーテルのティフの殺人シーンが一番怖かったです。後ずさりするチャッキー君の動きも可愛かった。

   今回はチャッキー君の好物がミートボールって事まで分かりますが、生前(生身の時)に殺した人物の名前も出てきますね。川に捨てて指輪を奪ったビビアン・ヴァン・ペルトです。いろんなホラー映画へのオマージュやパロがたくさん詰まった映画でもあるので、名前なんかもいちいち意味を考えちゃいますが、私は記憶力も知識もお粗末なもので、なかなか出てきません。また後で分かったら追加しようと思います。今書いているものも勝手な思い込みもあるかもしれませんので、あまり当てにしないでください。

 



MEMO

  1. 13日の金曜日(ジェイソン)・・・ロックポート警察の証拠品保管所にありますね。
  2. ハロウィン(?)・・・・ジェイソンの横ですが、多分これじゃなかったかと思います。ハロウィン見てないんですよね。
  3. フランケンシュタインの花嫁・・・原題はBride of Frankensteinです。ティフ、感動してますねー。この映画はフランケンシュタインのイメージを定着させたポリス・カーロフ主演の「フランケンシュタイン」の続編で1935年の古典ホラー作品です。
  4. マーサ・スチュワート・・・生活雑貨とかお料理とかでTVにも出てるらしいカリスマ主婦の事でしょうか?
  5. ヘル・レイザー/Hellraiser(1987)・・・キンケード署長の釘だらけの顔を見て、「どこかで見たことがある」ってチャッキー君が言いますが、コレですよね。リーダーの名前はピンヘッド、でしたっけ?




SPACEMAN'S MOVIE and TV PAGE