映画データベース ホーム マザーシップへご案内します
MOVIE
スポンティニアス・コンバッション
人体自然発火
SPONTANEOUS COMBUSTION
スポンティニアス・コンバッション
〜人体自然発火〜
■1989年製作
■上映時間:97分
■配給:ギャガ・コミュニケーションズ
■日本劇場公開:1991年2月
CONTENTS
▲HOME
▲STAFF & CAST
▲BRAD DOURIF
▲人体自然発火の事例など
リンク→@ A B C

人間が灰になる!
鬼才トビー・フーバーの新たなる挑戦!
それは人類が新たに手に入れた究極の核兵器・・・・

1995年、ネバダ砂漠の核実験場では、サムソン計画と呼ばれる核シェルターの実験が行われた。関係者や友人が見守る中、被験者のベル夫妻は放射能レベルも標準値で、誰もが実験の成功を確信した時、夫人が妊娠している事がわかる。関係者の中には不安を唱えるものも多かったが、夫人は8月6日、元気な男の子を出産した。生まれた子供にも異常は見つからず、手に大きなアザがあるだけだった。赤ちゃんををあやすベル夫妻、しかし、その直後、その幸せな光景は一転する。水銀に触れた二人は突然体の中から火を噴出し、焼死してしまったのだ。専門家が呼ばれる。彼は天国の火事とも呼ばれるこの人体自然発火の現象を、実験で放射能を防ぐために使われた予防注射と、放射能の組み合わせて起こったと説明した。

カリフォルニア、トリニダッドビーチ、現在。8月6日はサムの誕生日だった。彼の車に差出人不明のプレゼントが置かれる。そして、サムの周りの人間の変死、トリニダッド発電所の再開を前に、彼の体にも異常が起こりはじめていた。

 ←Shopping

スポンティニアス・コンバッション
〜人体自然発火〜 

¥4,700
発売日:2001/04/13
発売:JVD



COLLECTION
DVD チラシ 鑑賞
DVD