普賢岳の山岳写真

普賢岳:仁田峠〜妙見駅〜妙見神社〜国見別れ〜紅葉茶屋〜普賢岳〜紅葉茶屋〜あざみ谷〜仁田峠(2010年6月5日)

仁田峠手前の第二展望台から普賢岳を望みます。
仁田峠
仁田峠駐車場にある展望台からの景色です。

このときは仁田峠のミヤマキリシマはピークを1〜2週間過ぎていました。と言う事は峠より標高の高い国見岳のミヤマキリシマは見頃と期待に胸を膨らませました。

雲仙ロープウェーを利用しました。所要時間3分、人力では40分・・・。

妙見駅から仁田峠を望みます。
妙見駅
ここには妙見岳展望所があり、普賢岳、平成新山を望むことが出来ます。

この辺りにくるとミヤマキリシマが綺麗に咲いていました。
妙見神社
ベンチも有って休憩ポイントになっています。

妙見神社を過ぎると、国見岳、普賢岳、平成新山が見えてきます。

国見岳はミヤマキリシマで賑っていました。

国見別れ
左に行くと国見岳です。国見岳山頂まで25分程度です。

国見岳斜面はミヤマキリシマが満開です。仁田峠がピークを過ぎたころに国見岳のピークとなります。

国見岳山頂の登山者です。

国見別れを過ぎると下りとなり、高低差約80m下ります。
紅葉茶屋
紅葉茶屋で、これから普賢岳までは、急坂が続きます。写真右手に下るとあざみ谷〜仁田峠となります。

普賢岳山頂
山頂1359mです。

1990〜1995年にかけての火山活動で形成された溶岩ドームの平成新山1483mが目の前に広がっています。
パノラマ画像:雲仙普賢岳山頂2


今もわずかな噴煙が立ち上っています。まだまだ立ち入り禁止となっています。

山頂より妙見岳、国見岳方面

山頂より国見岳を望む。

山頂より遠く有明海を望む。

再び紅葉茶屋に戻り、あざみ谷〜仁田峠に至ります。
仁田峠
仁田峠の普賢神社社殿に到着します。


仁田峠の展望所から普賢岳、平成新山を望みます。





普賢岳:仁田峠〜妙見駅〜妙見神社〜国見別れ〜紅葉茶屋〜普賢岳〜紅葉茶屋〜あざみ谷〜仁田峠 (2005年5月15日)
仁田峠
仁田峠の全景です。5月初旬よりつつじが咲き始め、8分咲きでした。日が経つにつれて高度を上げ、5月末まで妙見岳、国見岳、普賢岳と開花が続きます。(5月15日撮影)

仁田峠までは有料道路および一方通行となります。仁田峠から普賢岳、平成新山を望むことができますが、ロープウェー妙見駅(写真左上)まで7〜8分で、眺めも格別です。


ここ雲仙国立公園はオールシーズンで楽しむ事が出来ます。春のミヤマキリシマ、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の霧氷と自然の景観を満喫出来ます。

仁田峠登山口
仁田峠からは2箇所の登山口が有りますが、ここ雲仙ロープウェー仁田峠駅のほんの数十メートル西にある登山口です。ここより妙見岳、国見岳を目指します。

仁田峠のミヤマキリシマ群の中を進んで行きます。写真はバックショットで、左が仁田峠駅です。ロープウェーを右手に望みながら登って行きます。

比較的登り易い斜度で、山道沿いミヤマキリシマや山ツツジを楽しみながら登っていきます。

妙見駅
雲仙ロープウェー妙見駅に到着です。ここには妙見岳展望所があり、近くでは普賢岳、平成新山、遠くは有明海、天草諸島を望むことが出来ます。写真上部中央が展望所です。

妙見駅付近。眼下に仁田峠、さらには雲仙温泉を望みます。



妙見岳展望所から普賢岳、平成新山を望む。


妙見神社
妙見駅からほんの数分、妙見神社があります。ここから、尾根沿いに高度を下げながら、国見岳(国見分れ)に向かいます。


妙見神社を過ぎると、国見岳、普賢岳、平成新山が一望できます。まだ仁田峠ミヤマキリシマのようなにぎわいはまだ無く、国見岳3〜5分咲きでした。(5月15日撮影)
国見別れ
左に行くと国見岳、まっすぐ行くと紅葉茶屋、普賢岳です。妙見神社から徐々に高度が下がりますが、ここ国見別れ、紅葉茶屋間はカルデラの為、一気に高度を下げます。
紅葉茶屋
紅葉茶屋です。これから普賢岳までは、急坂が続きます。写真右手に下るとあざみ谷〜仁田峠となります。

普賢岳山頂
山頂1359mです。



目の前に、岩山(溶岩)の平成新山1483mが
あります。本当に目と鼻の先で、真近に感じます。当然立ち入り禁止です。


普賢岳のミヤマキリシマはまだほとんどつぼみで1分咲きでした。(5月15日撮影)

パノラマ画像:雲仙普賢岳山頂

360度パノラマ写真です。頂上より妙見岳、国見岳、平成新山を望む。


平成新山、頂上部溶岩ドームがひょこっと出てます。火山石が累々と積み重なっており、自然の迫力を感じます。
普賢神社(登山口)
紅葉茶屋〜あざみ谷の樹林帯を下ると、雲仙ロープウェー横の普賢神社拝殿横の登山口に至ります。一気に普賢岳を目指す場合は、こちらから入山するほうが早いです。

写真は左側仁田峠駅、中央普賢神社拝殿(登山口)、右側仁田峠展望所で、右上が普賢岳、平成新山です。

普賢神社拝殿(登山口)前に登山案内図が有り、ルート確認ができます。


普賢岳2眉山ロード
平成新山
眉山ロードから望んだ平成新山1486mの全景です。1991年に噴火・崩落を繰り返しかつて最高点であった普賢岳1359mを127m上回り、日本で最も新しい山となりました。

山の中腹あたりまでは直物で薄緑がかっていますが、それより上はまだ植物が自生出来ない溶岩が堆積しています。



ここ島原は普賢岳災害にまつわる施設が多くあります。自然の景観を楽しむだけでなく、時にはその脅威、山の生い立ちも学べます。
写真は眉山ネイチャーセンターです。


雲仙地獄(雲仙温泉)
雲仙地獄
普賢岳登山とあわせて地獄めぐりの観光あるいは温泉入浴も楽しめます。大小様々な源泉地獄があります(無料)。











TOP
なおの山岳情報 登山情報
普賢岳登山情報
普賢岳登山情報
_MAP&DATA

山岳Movie
普賢岳1
普賢岳2
山岳パノラマ画像
雲仙普賢岳山頂
雲仙普賢岳山頂2