募集中 募集中
お住い:宮城県 お住い: お住い:
お名前:フー太郎さん お名前: お名前:
花の名:イワベンケイとヨツバシオガマ 花の名: 花の名:
早池峰登山道脇の咲き始めたイワベンケイとヨツバシオガマです。


.


.


お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:ハヤチネウスユキソウ 花の名:ナンブイヌナズナ 花の名:ナンブトラノオ
同じく咲き始めの初々しいハヤチネウスユキソウです。



早池峰山と北海道の一部に咲くナンブイヌナズナです。鮮やかな黄色で登山道を飾ってくれます。


ハヤチネウスユキソウと同じく早池峰山の固有種といわれているナンブトラノオです。他の山で広く見られるイブキトラノオに対して小ぶりでかわいい花で虎猫の尾と言ったところでしょうか。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:シャクヤク 花の名:シャクヤク 花の名:ハヤチネウスユキソウ
宮城県色麻(しかま)町愛宕山公園のシャクヤク園です。



多くの種類のシャクヤクで1万株、30万本の花が咲いており、無料開放されています。

エーデルワイスに良く似たハヤチネウスユキソウです。以前にも紹介していますが前回は7月末のもので花の終期に近いものでした。今回は6月下旬の咲き始めのものです。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:ヒメサユリ 花の名:ヒメサユリ 花の名:ヒメサユリ
新潟、福島、山形3県の山地に咲くヒメサユリです。



以前は山地に多く咲いていましたが、球根が食べられること等から激減しており、現在は何箇所かの群生地が保護され花の季節に開放されています。

少し赤みがかって、恥らうように咲くことからオトメユリとも呼ばれています。

お住い:埼玉県 お住い:埼玉県 お住い:埼玉県
お名前:Mitsさん お名前:Mitsさん お名前:Mitsさん
花の名:アカヤシオ 花の名:ヒカゲツツジ 花の名:ヤマツツジ
群馬県多野郡上野村諏訪山
今年、ゴールデンウィークに諏訪山に登った時のアカヤシオです。今年のアカヤシオは例年になく花付きも良くすばらしいものです。天候は悪かったのですが逆に花を引き立ててくれました。
今年、ゴールデンウィークに諏訪山に登った時のヒカゲツツジです。関東地方では山梨県の坪山が有名ですが群馬県の山も少しあります。薄黄色の花がそっと咲いている姿が好きです。
栃木県矢板市学校平
今年、5/24にミツモチに登った時のヤマツツジです。


お住い:宮城県 お住い:埼玉県
お住い:埼玉県
お名前:フー太郎さん お名前:Mitsさん お名前:Mitsさん
花の名:クマガイソウ 花の名:クマガイソウ 花の名:トウゴクミツバツツジ・シロヤシオ
水原地区から車で1時間ほど離れた二本松市 旧東和町の阿武隈山地側の羽山のクマガイソウです。30数年前から個人の方が植栽し今年から第1回クマガイソウ祭として大々的に公開しているもので5000株以上が群生しています。
栃木県北部個人で栽培しているのでたくさんの人が見に行けませんので場所は・・・・


5/23にシロヤシオを見に八方ヶ原、大入道、剣が峰、ミツモチまでトレッキング。写真はミツモチ付近。シロと紫の花の下を歩きます。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:クマガイソウ 花の名:クマガイソウ 花の名:クマガイソウ
絶滅危惧種に指定されているクマガイソウです。花名は源氏の武将 熊谷直実の背負った母衣(ほろ:矢除けの布製の袋)に見立ててクマガイソウと付いたと言われています。

福島市松川水原地区の杉林斜面のクマガイソウで8000株以上の日本有数の自生地です。2003年からクマガイソウ祭として公開されています。
同じく水原地区のクマガイソウです。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:アズマシャクナゲ 花の名:アズマシャクナゲ 花の名:アズマシャクナゲ
アズマシャクナゲは中部地方から東北中部に分布するもので、花山が群生地の北限と言われています。


アズマシャクナゲの花は漏斗状で先が5裂となっているのに対して、ホンシャクナゲ、ツクシシャクナゲ等は7裂とのことです。
アズマシャクナゲの可憐な蕾です。


お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
花の名:カタクリ 花の名:カタクリ 花の名:アズマシャクナゲ
日本有数のカタクリの群生地で、特産の西明寺栗の良く管理された林一面が紫の絨毯になります。


カタクリと白花のキクザキイチゲです。

宮城県栗原市の花山地区(旧花山村)のアズマシャクナゲです。

お住い:大分県 お住い:熊本県 お住い:宮城県
お名前:独歩さん お名前:kazuさん お名前:フー太郎さん
花の名:曙草 花の名:チシマセンブリ
花の名:カタクリ
タデ原湿原に咲く、曙草。黒紫の、星空のように広がる 斑点が、明け方の星に見えるので あけぼの草と名づけられたそうです。黄色は 「明けの明星」と呼ばれる金星か、お月様というところでしょうか。
時期からでしょうか、8月に北海道の色んな山を登ってみましたが、このチシマセンブリを見たのは、西別岳が初めてで、その後はアポイ岳でしか見ませんでした。どちらも8〜900mの山なので、あまり高い山には咲かないのかもしれません。
秋田仙北市西木(東北の小京都、角館から車で20分ほど北上)の八津・鎌足かたくり群生の郷のカタクリです。


お住い:大分県 お住い:東京都 お住い:大分県
お名前:独歩さん お名前:nebokeさん お名前:独歩さん
花の名:睡蓮 花の名:** 花の名:コスモス
九重 千町無田水田公園の睡蓮。今が見頃で、実に フォトジェニックな素晴らしい、睡蓮ばかりでした。夜に咲く睡蓮を含め、10種類もの花が あるのだそうです。

日曜日に戯れた花の都公園です。


久住高原に咲く コスモス。高原がよく似合う、秋の花。コスモスが咲き始めると、九重は 本格的な、秋到来となります。
お住い:大分県 お住い:大分県 お住い:大分県
お名前:独歩さん お名前:独歩さん お名前:独歩さん
花の名:睡蓮 花の名:睡蓮 花の名:睡蓮
睡蓮といえば、やはり 印象派の画家。モネを 思い浮かべます。彼は、生涯 睡蓮を描き続けたそうです。


ふと気が付くと、夜に咲く睡蓮の花は 閉じていました。

これは、昼間に咲く 睡蓮です。朝の8時くらいから 咲き始め、午後2時を過ぎると 閉じ始めるようです。
お住い:大分県 お住い:大分県 お住い:大分県
お名前:独歩さん お名前:独歩さん お名前:独歩さん
花の名:キツネノカミソリ 花の名:古代蓮 花の名:睡蓮
由布川渓谷では、お目当ての イワタバコの花は まだのようでした。写真は、途中に咲いていた 今が見頃の、キツネノカミソリ。この花は、ヒガンバナ科の植物で 花と葉っぱが、一緒に咲かないとのこと。
臼杵の蓮畑より


夜に咲き、日が昇り始めると 花を閉じる、睡蓮があると聞きました。早朝、まだ 他の睡蓮は、目覚めていないのに 既に、満開の睡蓮が。
お住い:東京都 お住い:大分県 お住い:大分県
お名前:nebokeさん お名前:独歩さん お名前:独歩さん
花の名:サンガシトウ 花の名:古代蓮 花の名:古代蓮
埋め合わせに行った新宿御苑のサンガシトウです。



臼杵石仏 深田の蓮は、今が 最高の見頃でした。


国木田 独歩が、下宿していた 佐伯藩 家老の屋敷が、現在は「国木田 独歩館」として整備されています。写真は、その庭に咲いていた 睡蓮です。 
お住い:山口県 お住い:大分県 お住い:大分県
お名前:ランボーさん お名前:独歩さん お名前:独歩さん
花の名: 花の名:古代蓮 花の名:古代蓮
写真はヤマボウシです。



深田の 古代蓮を見に行って来ました。蓮は、泥の中から咲く花なのですが そうとは思えないほどに綺麗でした。

臼杵 深田の蓮は、九州屈指の蓮の名所だと思うのですが 天候のせいでしょうか? 今年は 残念ながら、花が少ないです。蕾も少ないながら、見頃はこれからのようです。










募集中 募集中 募集中
お住い: お住い: お住い:
お名前: お名前: お名前:
花の名: 花の名: 花の名:














ここでは、皆様からお寄せ頂いた山岳写真、スナップ写真を掲載しています。

TOP
No.1 / No.2 / No.3