募集中 募集中
お住い:宮城県 お住い: お住い:
お名前:フー太郎さん お名前: お名前:
山岳名:雄国沼 山岳名: 山岳名:
木道の端から先も黄色の絨毯がはるか向こうまで続いています。

.


.


お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:雄国沼 山岳名:雄国沼 山岳名:雄国沼
磐梯山系猫魔ケ岳のカルデラ湖、雄国沼のニッコウキスゲ大群落です。

群落地の3分の一位に一周30分ほどの一方通行の木道が整備されています。
木道の周りは黄色の絨毯となっています。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:晩秋の夕景の姫神山 山岳名:姫神山山頂から晩秋の岩手山 山岳名:姫神山山頂から厳冬期の岩手山
石川啄木が幼少期を過ごした渋民を挟んで岩手山の真東にある姫神山1124mの晩秋の夕景です。


姫神山山頂から南部片冨士岩手山の晩秋の風景です。岩手山は東側が富士山型となっており、姫神山から見事な眺めとなります。岩手山の右後方が八幡平に続く稜線、左後方が乳頭山・秋田駒ケ岳に続く稜線となります。
厳しい寒さが続く1月下旬の姫神山山頂からの岩手山です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:鳴子潟沼 山岳名:鳴子潟沼 山岳名:飯豊本山
鳴子温泉のすぐ裏山にある小さな火山湖の潟沼(かたぬま)の紅葉です。
潟沼の鏡面の紅葉模様です。
山形側、飯豊山麓の倉手山952m山頂からの11月1日の飯豊山です。倉手山は登山口近くに温泉があり、山頂からの飯豊連峰の眺望はばつぐんで、人気の高い低山です。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:霊山 山岳名:鳴子峡 山岳名:鳴子峡
コース途中の護摩壇近くの絶壁です。絶壁の中ほどが削られて山道となっています。

東北の代表的な紅葉名所の一つ鳴子峡の紅葉です。鳴子温泉から歩いて行ける距離で見事な峡谷美を見せてくれます。国道に架かる橋上からの写真です。 国道の橋と周辺の紅葉です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:川原毛大湯滝周辺 山岳名:霊山 山岳名:霊山
川原毛大湯滝周辺の紅葉です。丁度良い湯加減の滝壺に浸かりながら、この景色を見れば極楽でしょうね。

福島県北部の阿武隈山地の霊山(りょうぜん)825mの駐車場からの写真です。奇岩、絶壁を3時間ほどで回ります。

コース途中の奇岩風景です。霊山は昔、天台宗の名刹があり、山上に多くの僧坊が有ったとのこと。南北朝時代、南朝の拠点となり、結局北朝側に攻め滅ぼされ全て消失したとのことです。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:八甲田大岳 山岳名:八甲田大岳 山岳名:川原毛大湯滝
長い木造階段の登山道から下毛無岱(しもけなしたい)湿原の草紅葉です。


下山時の夕景の酸ヶ湯温泉周辺です。駐車場にぽつぽつと空きが見られますが、午前中は渋滞と駐車場の確保で大変でした。
秋田県南部の湯沢市にある川原毛大湯滝です。上流の川原毛地獄から熱湯が流れ込み、落差20mの滝壺は丁度良い湯加減の湯壷になります。水着姿で女性もよく浸かっています。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:八甲田大岳 山岳名:八甲田大岳 山岳名:八甲田大岳
登山口の酸ヶ湯駐車場から八甲田連峰最高峰の八甲田大岳1584mです。連休最後の10月13日ですが、酸ヶ湯周辺の紅葉が最高潮でした。

八甲田大岳山頂から火口縁越しに右から小岳1478m、高田大岳1552m、雛岳1240mです。

八甲田大岳山頂から青森市街遠望です。左端の山上の建物はロープウエイの山上駅です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:栗駒山 山岳名:栗駒山 山岳名:栗駒山
山頂から現在閉鎖されている宮城側登山道沿いの紅葉状況です。中央より少し上に写っているのが、宮城側登山口のいわかがみ平のレストハウスと駐車場です。未だ多くの車が取り残されたままになっています。
山頂から宮城側への下山道です。取り口に下山禁止の案内があります。又、落石等も放置状態です。

須川温泉側登山道沿いにある火山湖の昭和湖とその周辺です。以前に水の色が2種類の写真を紹介していますが、今回はその中間の感じです。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:岩手山 山岳名:栗駒山 山岳名:栗駒山
岩手山の東側中腹から江戸時代に噴出した焼走り溶岩流です。こちらからも登山道があり、噴出口の上部登山道は日本有数のコマクサの群生地とのことです。
栗駒山麓の岩手・秋田県境にある須川温泉です。手前の赤い屋根が岩手側の須川高原温泉、奥の黒っぽい建物が秋田側の栗駒山荘。遠景には鳥海山が見えます。栗駒山荘のお風呂からみる鳥海山の夕景は絶景です。
須川温泉側登山道から山頂直下の斜面の紅葉です。10月2日のもので9月末からの冷え込みで紅葉が急激に進み、この辺りは見頃になっています。尚、地震の影響で宮城側からの登山道は閉鎖されており、須川温泉側からのみ登山可能となっています。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:岩手山 山岳名:岩手山 山岳名:岩手山
登り切った火口縁から火口内のお宝火口(御室)越に最高点の薬師岳です。

岩手山山頂です。
山頂からお鉢の中の妙高岳とお宝火口(御室)です。お鉢は一周1時間ほどで、イワブクロの群落、コマクサ等が足元に見られます。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:岩手山 山岳名:岩手山 山岳名:岩手山
一番ポピュラーな馬返し登山口608mからの岩手山2038mです。奥羽山脈の最高峰となります。きつい樹林帯を登りきった所が7合目1730mで、7合目から9合目の不動平1828mまでは旧火口原内の緩やかな登りでお花畑になっています。
8合目の避難小屋です。管理人が常駐しており、毛布の貸し出し等はありますが食事の提供はありません。小屋前には非常に冷たくて美味なお成清水が湧いています。(この清水を汲むためだけに登っている人もいました)
9合目の不動平から薬師岳中央火口丘への登りです。


お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳
北海道と東北北部の一部の山に咲くエゾツツジです。低木のツツジで草花に混ざって鮮やかなピンクを楽しませてくれます。

雪解け後の日当たりの良い斜面に群生しているシラネアオイです。咲き始めは濃い鮮やかな色をしていますが、日が経つと淡くなっていきます。
ハイマツの実です。小鳥が少しつついたようです。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳
大焼砂のコマクサです。



7月上旬の大焼砂のコマクサの大群落です。

カルデラ内の"神々の箱庭”のチングルマの大群落です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳
カルデラ内部の駒池から外輪山最高点の男岳遠望です。カルデラ内部の登山道脇は”神々の箱庭”と呼ばれて雪解けに合わせて1大花園になります。

外輪山の一部の大焼砂といわれる火山砂礫帯です。一見不毛の地に見えますが、6月中旬にはタカネスミレ、7月上旬にはコマクサの大群落となります。 6月中旬の大焼砂のタカネスミレの大群落です。

お住い:青森県 お住い:青森県 お住い:埼玉県
お名前:ふーもんさん お名前:ふーもんさん お名前:Mitsさん
山岳名:八甲田山 山岳名:八甲田山 山岳名:唐倉山
.



.


昨年の10月に行った福島県にある唐倉山山頂の紅葉。唐倉山は登山道はなく目印だけです。途中、飛びつき岩や御柱岩などの岩場あり。南郷支所の話によると今後も整備はしないとのことです。撮影地(福島県南会津郡南会津町旧南郷村)
お住い:青森県 お住い:青森県 お住い:青森県
お名前:ふーもんさん お名前:ふーもんさん お名前:ふーもんさん
山岳名:八甲田山 山岳名:八甲田山 山岳名:八甲田山
地獄湯の沢ですここの場所も雪崩れ易い所です奥に 大岳が見えます


人のいるところが仙人岱湿原入り口です


大岳斜面から子岳を望みました

お住い:青森県 お住い:青森県 お住い:青森県
お名前:ふーもんさん お名前:ふーもんさん お名前:ふーもんさん
山岳名:八甲田山 山岳名:八甲田山 山岳名:八甲田山
とど松を境に右が逆川(さかさがわ)岳左奥が櫛ヶ峰ですどちらも南八甲田に位置します


酸ヶ湯温泉登山口から入って500m程進んだ林の中です


やっぱし八甲田は 人っ気が多くてウキウキしちゃいますね


お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:森吉山 山岳名:森吉山 山岳名:森吉山
逆光になっていますが、中腹にある森吉神社と御神体の冠岩です。


森吉山山麓にある日本滝百選の人気投票2位に選ばれたと言われる安(やす)の滝です。90mの落差を2段になって優雅に落ちます。
安の滝の上段の滝です。全国の滝には悲恋物語が沢山ありますが、ここも金山に働いていたヤスという美人が身を滝壺に投げたことから滝の名がついたと言われています。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前: フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:森吉山
男岳山頂から日本最深423mの田沢湖遠望。足元の黄色い花はミヤマキンバイです。尚、左下は女岳(めだけ)の1970-71年の噴火時の本州では最新の溶岩流跡です。

5枚目、横岳方面から男岳の斜面越しに田沢湖です。登山道の至る所から田沢湖の優美な姿が見えます。

秋田北部の森吉山1454mです。標高はそれ程高くありませんが、豪雪地帯で雪解け後の高山植物が大変豊富です。冬のオオシラビソ(アオモリトドマツ)の樹氷も有名です。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳 山岳名:秋田駒ガ岳
田沢湖の近くから5月中旬の秋田駒ガ岳です。中央のピークが男岳(おだけ)1623m、その左肩に見えるのが最高峰の女目(おなめ)岳1637m。読み方は同じで男女岳とも表示されます。
6月中旬登山時の写真で1529mの標高にある阿弥陀池から女目岳山頂部。阿弥陀池の周囲は木道が整備されており、お花畑になっています。
真夏にはコマクサが群生する焼森から右側が最高峰の女目岳、中央が男岳、左側が横岳1583m、男岳の手前に阿弥陀池。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:月山 山岳名:月山 山岳名:月山
月山弥陀ヶ原側登山道の紅葉です。月山は豪雪の為か中腹以上は大きな樹木はなく低背の紅葉が熊笹の緑の中を点在します。

同じく弥陀ヶ原側登山道の紅葉です。

紅葉の月山登山道から雲上の鳥海山遠望です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:栗駒山山麓 山岳名:栗駒山山麓 山岳名:大空の滝
峡谷の底の岩盤層から熱湯・蒸気が噴出しており小安峡大噴湯と言われ遊歩道も整備されています。大噴湯の真上に架かる橋上からの写真です。

大噴湯真上の紅葉のアップです。


岩手県花巻市の郊外にある落差83mで7段に落ちる大空の滝の紅葉です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:朝日連峰 山岳名:栗駒山山麓 山岳名:栗駒山山麓
<小朝日岳山頂より以東岳>
以東岳のアップです。


栗駒山山麓の秋田県にある須川湖のブナ林の紅葉です。日没直前の夕日が射し込み黄金色に輝きました。

同じく栗駒山麓の秋田県にある小安峡の紅葉です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:朝日連峰 山岳名:朝日連峰 山岳名:朝日連峰
<古寺山山頂より大朝日岳・中岳・西朝日岳>
左から大朝日岳・中岳1812m・西朝日岳1814mです。


<小朝日岳山頂より西朝日岳>
西朝日岳のアップです。

<小朝日岳山頂より竜門山・寒江山・以東岳>
西朝日岳から北に伸びる稜線で左から竜門山1688m・その奥が寒江(かんこう)山1695m・右奥のドッシリした以東岳1771mです。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:栗駒山 山岳名:栗駒山 山岳名:朝日連峰
山頂の紅葉です。



栗駒山の紅葉の主役の1つのドウダンツツジの艶やかな深紅です。


<小朝日岳山頂より大朝日岳>
山形と新潟に跨る朝日連峰の盟主、大朝日岳1870mです。
お住い:青森県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:ふうもんさん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:岩木山 山岳名:栗駒山 山岳名:栗駒山
.



登山道の紅葉です。栗駒山の中腹以上の紅葉樹は、背が低い為見通しが良く、深紅の大パロラマが目に入り登山の疲れを忘れさせます。

同じく登山道の紅葉です。赤を中心とした紅葉の密度の高いのが栗駒山の特徴です。
お住い:青森県 お住い:青森県 お住い:青森県
お名前:ふうもんさん お名前:ふうもんさん お名前:ふうもんさん
山岳名:岩木山 山岳名:岩木山 山岳名:岩木山
.


.

.

お住い:青森県 お住い:青森県 お住い:青森県
お名前:ふうもんさん お名前:ふうもんさん お名前:ふうもんさん
山岳名:岩木山 山岳名:岩木山 山岳名:岩木山
.


.
.
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:熊本県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:kazuさん
山岳名:西吾妻山 山岳名:西吾妻山 山岳名:秋田駒ケ岳
山頂直下の紅葉です。



吾妻山連峰は比較的ゆったりした山容が多く、至る所に高層湿原があります。


田沢湖と秋田駒ケ岳です。田沢湖の湖水は、私が見た中の湖の中で、一番のキレイな色でした。また、その後にはどっしりと構える秋田駒ケ岳が雄大でした。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:鳥海山 山岳名:西吾妻山 山岳名:西吾妻山
七高山より外輪山内の大物忌神社遠望です。右側が新山で、外輪山の旧地形に対して新山の噴出物がはっきりと分かります。

福島と山形をまたがる吾妻山連峰の最高峰西吾妻山2035mです。樹氷を形成するオオシラビソ(アオモリトドマツ)の樹林の中に紅葉が点在していました。
樹林の中の西吾妻山山頂です。

お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:鳥海山 山岳名:鳥海山 山岳名:鳥海山
中腹のナナカマドの実はさすが赤くなっていました。



矢島口登山道から登りきったところにある外輪山最高点の七高山2229mです。岩壁には霧氷が貼りついていました。


七高山より鳥海山最高点の新山2236mです。


お住い:熊本県 お住い:熊本県 お住い:宮城県
お名前:kazuさん お名前:kazuさん お名前:フー太郎さん
山岳名:鳥海山
山岳名:鳥海山
山岳名:鳥海山
鳥海山の大雪渓です。九州育ちの私にとっては、とても珍しく、ここで軽アイゼ ンを付けて、けっこうはしゃぎ回っていました。

鳥海山の9合目の小屋から撮った鳥海山の新山の溶岩ドームです。九州で言えば、雲仙普賢岳みたいな感じでした。けっこう険しい岩登りで、頂上はここを登って、下って、また登ったところにありました。ほんの少し技術が必要な
  感じでした。
北側の矢島口登山道からの鳥海山です。9月29日撮影で頂上近くの紅葉を期待していましたが、異常気温のせいか紅葉は未だでした。


お住い:熊本県 お住い:熊本県 お住い:熊本県
お名前:kazuさん お名前:kazuさん お名前:kazuさん
山岳名:鳥海山
山岳名:鳥海湖
山岳名:鳥海山
朝の登りに行く前の鳥海山です。秋田側から撮りました。
  女性的な美しい稜線を持つ山ですが、登ってみると大違いで、今のところ、生涯一ハードな山でした。(笑)

鉾立の登山口から1時間ちょっと登ると御浜神社があり、
  そこの裏には鳥海湖があります。この辺りはお花畑があり、地元の方も春と夏の花が一斉に咲いたようだと言われていたくらい素晴らしいお花が咲いていました。
鳥海湖付近から見た鳥海山です。さすが東北の山で、7月下旬でも雪が残っていました。

お住い:宮城県 お住い:熊本県 お住い:熊本県
お名前:フー太郎さん お名前:kazuさん お名前:kazuさん
山岳名:安達太良山 山岳名:蔵王のお釜 山岳名:蔵王 熊野岳頂上
火口の荒涼とした沼の平です。以前は沼の平内にも登山道がありましたが、10年前に火山ガスにより4名の遭難事故があり、現在は立ち入り禁止です。

苅田駐車場のリフト脇の登山道を登る事15分位でお釜到着。幾層にも重なるお釜の層がとてもきれいだし、目の前にあるものが信じられないほどの迫力に、しばし足が動きませんでした。
どちらかというと、平らな感じの頂上でしたが、登りはガレ場でした。周りには、ちょうど時期だったようで、コマクサが沢山咲 いていて、とてもラッキーでした。
お住い:宮城県 お住い:宮城県 お住い:宮城県
お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん お名前:フー太郎さん
山岳名:安達太良山 山岳名:安達太良山 山岳名:安達太良山
鉄山方面から盟主安達太良山1700mと後方の和尚山1602mです。


ドーム状の安達太良山山頂部です。智恵子の生家の二本松方面から見るとふっくらした山のてっぺんに、ぽこっと飛び出ている為、地元では乳首山と言われているそうです。
安達太良山頂から北側の鉄山1709m、その後になだらかな山頂部が見える安達太良山系最高峰の箕輪山1718m、はるか後方は吾妻山系です。








募集中 募集中 募集中
お住い: お住い: お住い:
お名前: お名前: お名前:
山岳名: 山岳名: 山岳名:














ここでは、皆様からお寄せ頂いた山岳写真、スナップ写真を掲載しています。

TOP
No.1 / No.2