HOME  > 航空母艦 > 航空母艦の説明

BACK

 

< 航空母艦について >


   ◎対象艦艇
 鳳翔建造から終戦までの未成艦を含めた旧日本海軍が建造・保有した全ての航空母艦。
 雲龍型(笠置・阿蘇・生駒)、伊吹は未成艦。
◎空母詳細には主に発着艦能力に関するデータを掲載
 飛行甲板の『幅』=最大幅または前端:中央:後端。
 飛行甲板の『高さ』=吃水線から飛行甲板までの高さ。
 艦橋の『島型』=飛行甲板上に艦橋構造物を持つもので、通常右舷側に艦橋がある。
 艦橋の『平甲板型』=飛行甲板上に構造物を持たず、飛行甲板下の前方に艦橋があるもの。
 煙突の『横向』=全ての艦が右舷舷側に煙突を持ち、多くの場合斜め下向きに湾曲した形をしている。
 煙突の『直立』=右舷側に艦橋構造物と一体化した煙突を持つもので、26度外側に傾けている。
◎格納庫には主に搭載能力に関するデータを掲載
 搭載機数=総数(常用+補用)
 機種はなるべく、艦戦=零戦/艦爆=99式/艦攻=97式のデータを掲載しました。
  
 

※ブラウザの戻るボタンで戻って下さい

 


 

HOME

TOP

BACK

Copyright(C)2002 BByamato All Rights Reserved.

Ads by TOK2